看板犬ラン&クゥのつぶやき

札幌・円山にオープンしたペット犬のためのホリスティックケアショップ『ビバーチェ』の徒然日記

11-<< 03-/12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>12-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♠ フラワーレメディー実践 ♠

「バッチフラワーレメディー・・・実践編」

バッチフラワーレメディーの講座も半分過ぎました。
相変わらずはっきりとした効果は実感できていませんが、先生のお話を聞いていると「いいな、ぜひ使いたいな!」といつも思います。

先日、「今日こそ使う日だ!!」という機会がありました。
ピアノの小さな発表会があったんです。(私は、“おばちゃんのお習い事レベル”のピアノを続けているのですが)
いつも会場の大小にかかわらず、ドキドキして手も震えて、涙目にまでなってしまいます。

そこで、具体的な怖れや不安があるときに使うと勇気が出るという「ミムラス」、それと、緊張やストレス、プレッシャー、ショックを和らげるための「レスキューレメディー」、この2種類を試してみました。

20130317-01.jpg

・・・結果・・・なんとなく良かったような・・・気がします。
あくまでも疑り深い私は、「簡単な曲だったからかなー?」とか「短い曲だったからかなー?」とかいろいろ理由を考えますが、少なくとも“涙目”にはなりませんでした。
(モチロン、上手に弾けたかどうかはまた別の話ですからネ)

私がレメディーの効果を実感しづらい原因に、基本、性格的にあまりネガティブではないということもあるのだと思います。
でも長い人生のうちには、悩んでも、考えてもどうしようもないということはたくさんやってくると思います。
つらい精神状態を少しでも緩和できる方法を知っていれば、人前で取り乱したりせずにすむかなー?

・・・・・とりあえず今欲しいのは、練習した分だけピアノがうまくなるレメディー。(練習しなくてもと言わないところがエライですね!)
・・・・・なんだか最初の目的とは、ずれてきましたネー。
ワンコのために上手くレメディーを使いたいと思っていたのですが、まだまだ修行がたりないようです。

自分をコントロールできない時のレメディーや、自分のことばかりかまってほしがる時のレメディー、過去のトラウマから解放されない時のレメディー・・・・・ワンコに役にたちそうだなってところまでわかってきましたよ。


イタグレのハナコちゃんは、このカエルのぬいぐるみが大好きなんです。
背中に乗せてもじっとしています。

20130317-02.jpg

でも、お家に帰るとカジカジブルンブルンしてストレス発散するんですって・・・。
カエル、もう何匹目かしら・・・?
今のところフラワーレメディーは必要なさそう・・・。

20130317-03.jpg


次回のブログでは、2代目看板犬(見習い)をご紹介する予定です。


スポンサーサイト

◆ 犬の歯周病 ◆

ランです。

あたしはずっと口腔ケアサプリメント「フルフィールPG」を使っていたんで、
歯石もほとんど取れちゃってたんです。
お母さんは、あたしの「柔らかくなった歯石」をカリカリ取るのが趣味だった
んです。

だから、あたしは歯周病にはなってなかったと思うんだけど、3歳以上の犬
の約8割は歯周病になっているというデータもあるようですよ。
ほっておくと大変なことになるんですって。

歯みがきの習慣付けはとっても有効なんです。
子犬の時から毎日の歯みがきを習慣にしましょう。


   20130307-01.jpg

健康な歯で、いつまでもご飯をガツガツ食べられたら、ワンコにとってこんな
幸せなことってないですよね。
でも、それって人間も同じですよね。
みんなで歯みがき頑張りましょう。

お母さんたちはいただき物の「サンドウィッチショコラ」を食べてました。

20130307-02.jpg

とってもおいしかったって・・・。
でも、甘いものを食べたら、歯みがき忘れずに!

バイバイ




****************************

3月のVIVCE DAY!は日程が一部変更になります。
第1日曜日(3日)と第4日曜日(24日)に実施します。

4月からは通常通り、第1・第3日曜日に実施します。
よろしくお願いいたします。


20130228-06.jpg

*****************************


◆ 防じん ◆

まだまだ寒い日が続いていますが、皆さんお元気ですか?

雪かきで腰の痛い方もたくさんいらっしゃると思いますが、北海道の春も
もう少しです。
頑張りましょう。

ワンコがダウンジャケットを脱げる日もそう遠くはありません。

20130222-04.jpg



ところで、今中国で大きな問題となっている大気汚染。
最近ではPM2.5という微粒子が話題となっています。

インターネットを見ていると、すでに中国国民の約半数に健康被害、何十万
人もの死者も出ているとの報告もあるそうです(ギョッ!?)

風にのって運ばれ、西日本でも観測されているとなれば、お隣の国の話・・・
とのんびりしてもいられません。

ぜんそくや気管支炎、肺がんの原因になると言われていますが、時間が経っ
てもっと細かい解析がすすめばそれ以外にもいろんな恐怖を囁かれるのでは
ないでしょうか?

花粉対策用のマスクでは予防できないほどの小さな粒子なのだそうです。
北海道では今の雪の季節は、地面に降下した微粒子は湿っぽい雪に吸収さ
れて流れてしまうのかな・・・??とも思いますが。

・・・が、その雪が融けて、乾いて、また風で飛ばされるという季節には安心
でもないのかな?・・・と思います。
そもそも微粒子が北海道にまで来るのか?ということもよく分かりませんが、
自己防衛は必要かなー?

今年の春のお散歩にはなるべくメッシュの細かいマスクをして、メガネやサン
グラス(ゴーグルだとなおグッド)をして・・・・・というオーナーさんが増える
かも・・・?

でも、ワンちゃんは・・・どうするの???
パピーやアレルギー体質のワンちゃんは心配ですよね。

20130222-02.jpg

ブラッシュアップスプレーなどを使って静電気を防いで、被毛に付着する微粒子
を少しでも減らすというのはどうでしょうねー?

お散歩の後は石けんやシャンプーで全身を洗うかな??

20130222-03.jpg

犬用ゴーグルもあったな・・・。

とにかく自己防衛しかありません!!

それでもやっぱり、
穏やかな、気持ちの良い春の訪れを願っています。
きれいな環境を大事にしましょう。 


20130222-01.jpg


◆ フラワーレメディー ◆

今日はランママのつぶやきです。

最近バッチフラワーレメディーを教わっています。
英国のバッチ博士が発見して始めた、フラワーレメディーのことです。

     20130215-04.jpg



植物から取ったエッセンスを使って(2~4滴飲んだり、塗布したりする)感情のバランスを取り、ネガティブな精神状態を整えるという癒しの方法らしい・・・。
アロマともハーブとも違うんです。

20130215-03.jpg


実は・・・、ホリスティックケアカウンセラー講座の中のいろんな項目の中で、バッチフラワーが一番怪しいんじゃないかなと、何となく思っていました。
・・・・一番効果を期待できないなって・・・

それなのに、どうしてあらためて学んでみたいと思ったかと云うと、まずは副作用が無いということ。
「その時に合わないレメディーを使ったとしてもそれは体や精神には影響がなく、ただ体の中を通り過ぎるだけです。」・・・なのだそうです。
病気ではなく、ただ気持ちがすっきりしない、しっくりこない、そんな時に薬ではなくて安全に使えるものがあるといいなと思ったんです。

フラワーレメディーは人にもペットにも使えるのですが、人に対しては「これは暗示でしょ?」って思っていました。
心の弱っている人は「効くよ~!」って言われると効いちゃうんだろうな・・・と思っていたんです。
・・・がしかし、言葉を持たないペットにも効果があるということになると、チョット興味が湧いてきたんです。

実際、何をしてあげたら吠えなくなるんだろう? 怖がらなくなるんだろう? 安心してくれるんだろう? 落ち着くんだろう?って心配になるワンちゃんも結構います。
言葉で確認できないから原因を追究するのは不可能だし、だからこそ対処療法的な、且つ副作用のない方法で困った状況を回避できないものかと思ったんです。
・・・・と云いながら、今のところ、私自身でもワンちゃんでもその効果を実感できる段階には至っていませんが・・・。
まだまだ勉強の途中です。

私は、いつでも平常心でいて、「こんなこと平気だよ!」って見える人に強いあこがれがあります。
そういう人になりたい、近づきたいと、ちょっと無理してる自分に気づいています。
いつでもどんな時でも平気でいられるために、フラワーレメディーは役に立つのではないか?と思い始めているんです。
自分で幾つかのフラワーレメディーを試してみて、これはイイ!!と思える時が来ると期待して、もう少し学んでみたいと思っている今日この頃です。


先日、自動車で旅行中のワンちゃんが「DOG LUNCH」を食べに来ました。
とっても元気の良いお利口なボーダーコリーでした。

20130215-01.jpg

LUNCHができるまでの間、プープー鳴るおもちゃで遊んでました。
LUNCHは残さずきれいに完食しました。

20130215-02.jpg

また旅行で札幌に来た時には寄ってくださいね。

それではまた


❤ デトックスのビスケット ❤

今日は、「有害化学物質のデトックス」の参考になるようなお話(再掲)と、ワンちゃんのデトックスハーブ入りビスケットの紹介をします。

たいていの薬品(有害化学物質の一部も)は、肝臓で体外に排泄されやすい形に変えられ、腎臓でろ過されて尿の中に排出されます。

肝臓で排泄されやすい形に変化させるためには、「酵素」の働きが欠かせません。
そして、酵素の働きを助けるためには、「ビタミン」が必要です。

スムーズに体外に排泄させるためには、尿の量を増やす必要があります。
肝臓で化学変化する際にも水は使われるので、毎日たくさんの水分を摂りたいものです。


20120217-01.jpg


これはワンちゃんも同じで、特にドライフードを食べているワンちゃんの水分不足には注意をしなくてはいけませんね。

フードを手作りしたり、ドライフードにスープをかける、という食べ方も水分摂取に役立ちます。

だって、ワンちゃん達に「お水を飲みなさい!」って言っても、「ハイ!」と言って必要なだけ水を飲むことはしてくれませんから・・・・。

「酵素」の摂り方は過去のブログで書きましたが、口から摂る酵素は「外部酵素」といって、「消化酵素」を補い食べ物を消化吸収するために使われます。
肝臓などで働く酵素は「代謝酵素」といって、動物が生まれながらにして持ってる「潜在酵素」からちょっとずつ取り崩して使われ、生きている間中使い続けていく酵素です。

生体内では、「代謝酵素」よりも、「消化酵素」の方が優先されるため、「消化酵素」が不足すると、それを補うために「代謝酵素」が使われてしまいます。
・・・・で、どうなるかというと、「潜在酵素」がどんどん減って、老化や死期が早まってしまうのです。
恐ろしいでしょう!?
だからこそ、普段から心がけて、「外部酵素」をたくさん取り入れて補っていきたいものです。


話はちょっと変わりますが、「花粉症」をお持ちの方が結構いらっしゃると思いますが、ぜひ早目の対策をおすすめします。
耳鼻科に行くと、毎年花粉症の症状が現れる1カ月以上前から、「抗アレルギー剤」を服用することを勧められませんか?

これはとても有効な方法だと思います。
症状が出たとしても、きっと軽く済むはずです。
鼻の中の粘膜にレーザーを照射するという方法もあるようですが・・・・。

それと同じように、早いうちから、デトックス効果や花粉症に有効な「ハーブ」を使う方法もあります。

その一つとして、「ハーブコーディアル」や「ハーブティー」などは、お手軽な飲み物ですよ。
「お薬を長期間服用するのはちょっと・・・・」という方にもオススメです。


20120217-02.jpg


北海道に住む私たちには「待ちに待った春」がもう少しで来ます。
うっとうしい季節にしてしまってはもったいない・・・・、でしょ?
早めの対策で、どうぞ爽やかな春をお迎えください。

ところで、ワンちゃんのおやつの中にも、「ハーブ」を練りこんだものがあります。
そんな中から、お店にある2つのビスケットを紹介します。

これは「デトックスビスケット」

20130124-02.jpg

20130124-03.jpg

その名の通り、デトックス効果を期待したハーブ入りビスケットです。

これは「グリッシーニ」
チーズとパンプキンとレバーの3種類があります。
20130124-01.jpg

20130124-04.jpg

クラッカーのようなカリッとした食感のスティック状のパンです。
ハーブの働きが体内の余分な塩分の排泄を助けます。

おいしいおやつでデトックスが期待できます。

この他にも、数種類のハーブシチューがあります。
おいしく食べてデットクス!なんて、ワンちゃんにとっては理想的ですね。

お散歩の春には、爽やかな気分の飼い主さん達と、元気なワンちゃん達が大勢ビバーチェにいらして下さることを心待ちにしています。

それでは、次回までごきげんよう。

プロフィール

ラン&クゥ

Author:ラン&クゥ
ペット犬のためのホリスティックケアショップ『ビバーチェ』のブログです。
ビバーチェは、札幌・円山にオープンした、ペット犬の心身両面の健康を、総合的な観点からサポートしていくお店です。

ビバーチェのホームページはこちら↓
http://vivace-dog.com

最新記事
最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。