FC2ブログ

看板犬ラン&クゥのつぶやき

札幌・円山にオープンしたペット犬のためのホリスティックケアショップ『ビバーチェ』の徒然日記

11-<< 12-/12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>01-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ ランが天国に行きました ◆

看板犬のランが12月10日朝7時30分に天国に旅立ちました。

前日9日の12時に、いつもだったら「御飯よ!」の声に駆けつけてくるランが来ません。
左脚がマヒして立てなかったようです。
部位はわかりませんが、痛みも相当強かったようです。

すぐ獣医さんに診てもらい、点滴や痛み止めの注射などによって自力で立つことができるようになりましたが、診察中は痛みがひどくてX線やエコーの検査が充分にはできず、はっきりとした原因はわかりませんでした。
首と腰のヘルニアか、脊髄梗塞の疑いがあり、北大病院でのCT検査を勧められました。

お店に戻って安静にさせようと思いましたが、右回りに回りながら歩いたり、狭いところに頭を入れたり、壁を見つめたり、異常な行動をとるようになりました。
脳に異常が起きたのかもしれません。

自宅に戻ってからも、同じような行動をとっていましたが、深夜になってから後脚に力が入らず、立つことができなくなりました。
ベッドで静かに横たわっていました。
痛みは感じてなかったようで、呼吸は穏やかでした。
家族みんながランの傍で横になり、交替でずっと様子を見ていました。

朝7時30分、突然呼吸が困難になりました。
みんなで体をさすったり、頑張れって呼びかけたりしましたが、数分後に息をしなくなりました。
あまりにも短い間の出来事に、本当に逝ってしまったのか信じることができませんでした。
脚にマヒが起きてから約20時間で息をしなくなりました。

最近は年のせいかカメさんのようにゆっくりゆっくり歩いていたランが、ものすごい勢いで天国の階段を駆け上がって行きました。
なんでそんなに急いだのだろう・・・。
11歳4か月と3日の一生でした。

でも、看板犬ランはエラかったんです。
ショップの定休日の朝に逝ったんです。
お店のことを気にしなくてもいいようにその日を選んだんです。
責任感のある看板犬だったんです。

ラン、ありがとう。お疲れ様でした。

ブログは今後も続けます。
これからは天国にいる「ランのつぶやき」です。

20121212-01.jpg


~~お母さんのつぶやき~~

11年前のクリスマスに我が家にやって来た天使は、おととい突然お空に帰りました。
いじわるな気持ちがひとつもない、やさしい良い子でした。
とても美人でした。
お父さん、お母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃん、そして末っ子のラン・・・。
とっても甘えっ子だったので、たった一人で旅立ってお母さんはとても心配です。
淋しくないかな?、迷子になってないかな?、お腹すいてないかな?、寒くないかな?・・・

ランが我が家にやって来る2か月前に亡くなったおばあちゃんに、私たちが行くまで飼ってもらおうと思っています。
思えば、私の母を忘れたくなくて、同じ「R」のイニシャルの「ラン」と名付けたのでした。

ランを可愛がってくださったみなさま、ありがとうございました。
ランと仲良くしてくれたワンコたち、ありがとうございました。

そしてランにはたくさんたくさん感謝したいのですが、言葉で言わなくても分かってくれていると思います。
可愛かった。
あったかかった。
重かった。







スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバック URL

プロフィール

ラン&クゥ

Author:ラン&クゥ
ペット犬のためのホリスティックケアショップ『ビバーチェ』のブログです。
ビバーチェは、札幌・円山にオープンした、ペット犬の心身両面の健康を、総合的な観点からサポートしていくお店です。

ビバーチェのホームページはこちら↓
http://vivace-dog.com

最新記事
最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。