FC2ブログ

看板犬ラン&クゥのつぶやき

札幌・円山にオープンしたペット犬のためのホリスティックケアショップ『ビバーチェ』の徒然日記

11-<< 12-/12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>01-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♠♠ アレルギーのコップ ♠♠

今日は『アレルギーのコップ』のお話をします。

『アレルギーのコップ』という言葉をご存じの方も多いと思います。
アレルギー発症のメカニズムをコップをモデルにしてわかりやすく説明しています。

人間(動物も同じだと思います)は体の中に「アレルギーのコップ」を持っていて、そのコップを満たしていく液体は、「大気汚染」「水質汚染」「土壌の汚染」「化学汚染物質」「合成の添加物、保存料の体内蓄積」「ストレス」・・・・などなどいろいろです。

そしてアレルギーの体質を持つ人はそれに「アレルゲン」が加わります。
それらの物質でコップが満たされ、ある日コップからあふれ出ます。
その時がアレルギー症状が発症する時です。


20120211-01.jpg


つまり、コップの中の液体をあふれ出さないように生活すると、アレルギーの体質を持った人(動物)でもアレルギー症状の出ない、健康な生活を送れるかもしれないわけです。

コップの水をあふれさせないって?・・・・コップの中身を減らすかコップの容量を増やすかです。

コップの中身をこれ以上増やさないためには、汚染された環境をさける、合成の添加物や保存料の入った食事を避ける、ストレスを減らす、などが考えられます。

また、もう溜まってしまったコップの中身を減らす努力も大切で、それには「デトックス(解毒)」です。
その方法はさまざまありますが、ビタミン(特にC)と水分をたくさん摂り、運動してたくさん汗を流す、ということも有効です。
運動によって筋肉を付けることは、結果的に脂肪層が減り、そこに蓄積する化学物質の量も減るというわけです。
「ハーブ」を使ってデトックス・・・なんて方法もありますネ。

環境の汚染に関しては自分の努力では避けきれないものもありますので、それ以外のレベルをうんと低くしておくと安心でしょう。

コップの容量はアレルギー体質の人は健康な人にくらべてとても小さいのだと考えられます。
それを大きくするには「体質改善」が効果的だと思います。
体質を改善して免疫力をUPすることです。

・・・・・ということで、環境を整え、食事に気を遣い、ストレスケアをして、免疫力をUPしてって考えたら、「ホリスティックケア」ってアレルギー発症を防ぐお助けになるかもしれないんじゃないでしょうか?

「コップ説」って、もしかしてアレルギーだけでなく、他の成人病やガンなどにも当てはまるのではないかしら、と思っています。
「アレルゲン」が「塩分」「脂質」「糖分」「発ガン物質」に置き換わるだけなのかな~って。

これからは、ときどき「ホリスティックケア」に関するお話をブログに掲載していこうと思っています。
ラン&クゥともども、よろしくお願いします。






♦♦♦ お知らせ ♦♦♦

 2012年2月~3月もいろいろなイベントを開催します。
   開催イベントの詳細は 
こちら




スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバック URL

プロフィール

ラン&クゥ

Author:ラン&クゥ
ペット犬のためのホリスティックケアショップ『ビバーチェ』のブログです。
ビバーチェは、札幌・円山にオープンした、ペット犬の心身両面の健康を、総合的な観点からサポートしていくお店です。

ビバーチェのホームページはこちら↓
http://vivace-dog.com

最新記事
最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。