FC2ブログ

看板犬ラン&クゥのつぶやき

札幌・円山にオープンしたペット犬のためのホリスティックケアショップ『ビバーチェ』の徒然日記

11-<< 12-/12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>01-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♫ 札幌市のペット事情 ♫

札幌市のペット事情について

2012年2月19日に、日本愛玩動物協会主催の研修会が開催されました。
その研修会の中で、
札幌動物管理センターの方が、「苦情件数に見る札幌市のペット事情」に
ついてお話をされました。
とても参考になりましたので、みなさんにも、ポイントになるところをお伝え
します。

1.犬に関する苦情内容
 苦情件数が多いのは次の3つです。
 (1) 不衛生による苦情
 自己所有の敷地内であっても、フンや尿、ゴミ、残飯などが周囲に悪臭を
放つ場合は、環境面からも苦情の対象となり、個別訪問による改善指導の
対象となるようです。
 道端や公園などでのフンや尿の垂れ流しについても、飼い主の責任として、
きちんとした後始末をしなければなりません。
 (2) 放し飼いによる苦情
 真駒内公園などの大規模公園や豊平川河川敷での放し飼いによる散歩
が例に挙げられ、札幌市では地域住民と連携して、定期的なパトロールや
啓蒙活動を行い、指導に当たってるとのことでした。
 (3) 鳴き声による苦情
 鳴き声の感じ方は個人の主観が大きく、取締り基準がないため、札幌市と
しても指導が難しく、解決までに時間がかかるとのことでした。

 上記の(1)、(2)に関しては、
札幌市では「札幌市畜犬取締り及び野犬掃とう条例」があり、外出時のリード
の長さ制限(2m)や各種罰則も定められています。

 これらの苦情全体を通して言えることは、
飼い主のモラルやマナーの向上が課題であると同時に、地域や個人間といった
「人と人のコミュニケーション」に由来しているところが大きく、適切なコミュニ
ケーションがなされていると、大きな事故や問題にまで発展することなく解決
できるのではないか、とのことでした。


 札幌市では今後、ペットの適正飼育に向けて、
獣医師会や日本愛玩動物協会と連携した、「飼い主のマナーに関わる啓発事業
(飼い方教室やパネル展など)」や、町内会・動物愛護推進員などの市民と
連携した「飼い主責任の普及啓発」を推進していくとのことでした。


2.犬飼育の傾向
 (1) 犬の登録数と苦情相談件数
 犬の登録数は年々右肩上がりで増えており、H13年の約54,000頭が、
H22年には約87,000頭迄増加しています。
 苦情件数もこれに伴い、H13年の約550件がH22年には約850件に増えて
います。
 但し、区毎に見てみると、「人口が多い」ことと「苦情が多い」ことは比例
していないようです。
 (2) 飼育相談の増加  
 近年、子犬を購入したけど飼育の仕方が分からなくて、札幌市に飼育相談
に来る人が増えているそうです。
 愛情はいっぱいあっても、飼育の仕方を誤ると、将来お互いが不幸になる
ケースも出てきますので、きちんとしたしつけや飼育の方法を身に付けたい
ものです。


 せっかく出会った大切な命です。
 家族同様に可愛いペットたちが人と共生し、安心・安全な一生が送れるように、
飼い主である私たち人間がマナーを守り、地域の皆さんとコミニュケーションを
図りながら、犬の笑顔、人の笑顔が溢れる生活を送りたいものです。

 とても有意義な研修会でした。





♦♦♦ お知らせ ♦♦♦

 2012年2月~3月もいろいろなイベントを開催します。
   開催イベントの詳細は 
こちら

 PETLIFEの街角お散歩SNAPをビバーチェで行います。
   お散歩SNAP開催の詳細は 
こちら



スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバック URL

プロフィール

ラン&クゥ

Author:ラン&クゥ
ペット犬のためのホリスティックケアショップ『ビバーチェ』のブログです。
ビバーチェは、札幌・円山にオープンした、ペット犬の心身両面の健康を、総合的な観点からサポートしていくお店です。

ビバーチェのホームページはこちら↓
http://vivace-dog.com

最新記事
最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。